読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬く道標となれ

ほくほくすとーんず

ゆごほくレコメン!2016.4.20(文字起こし)①

2016.4.20

ゲスト:髙地優吾、松村北斗/SixTONES
 
☆二重カッコはレコメン!パーソナリティ・オテンキのりさんです。
 
多少のミスはお許しください。
 
----------
 
レコメン!ジャニーズJr. スター名鑑最新号!』
 
文化放送からお送りしてます、オテンキのりのレコメン!さあ、スペシャルウィークはですね、月曜から水曜まで毎日ジャニーズJr.が登場!今夜はですね、この2人にお越しいただきました!それでは自己紹介どうぞ!!』
 
髙地「どうもー!髙地優吾でーす!元気いっぱいですよろしくお願いしまーす!」
 
『イェーイ!優吾くん!そして!』
 
北斗「はじめまして!松村北斗です!よろしくお願いしまーす」
『アタタタタタ! 北斗くんよろしくお願い致しますねぇ〜』
 
髙地「ケンシロウですね」
 
ケンシロウありがと「ケンシロウ…ですかアレあんまり面白くないですよね笑(北斗)」いや別に面白いも面白くも無いのよ!笑』
 
北斗「いや、あのいきなり初対面でアレですけど、風磨から”すげぇのりってやつ面白いから!”って聞いてたんすよ!」
 
『いやちょっと…ちょっと待って!風磨くんから”のりってやつ面白い”って言われたのは凄い嬉しいんだけど、アイツ俺のこと”のり”って呼んでんのね?!』
 
北斗「呼んでますよw」
 
『あのヤロ〜!w』
 
北斗「アハハハっ!www 呼んでないっすか?普段」
 
『俺の前…俺の前ではのりちゃん』
 
髙地「あーーw」
 
北斗「あ、のりちゃんなんす『ギリギリよwそれも多分、”のり”って呼び捨てしたいのに、一応、37歳だから”のりちゃん”って言ってくれてるくらいでね』アハハ!!www」
 
髙地「いいね”ちゃん”っすね」
 
『俺は”風磨くん”って呼んでるからねw』
 
北斗・髙地「wwwwww」
 
北斗「そこ”風磨”でいいんじゃないんすかね?」
 
『いいんですかね?』
 
髙地「全然大丈夫だと」
 
『お二人は風磨くんと仲良しだと』
 
髙地「仲、良いですね」
北斗「そうですね〜」
髙地「プライベートも遊んだりとか」
 
『俺、去年くらいから風磨軍団に入れてもらった』
 
髙地「お!おめでとうございます」
 
『まだ玄関掃除とかね、それくらいのレベルで…』
北斗「いやいやいや!笑 何を言ってるんですかw」
 
北斗・髙地「www」
 
『あ、そうなんすねレコメン初登場!ということで』
 
北斗・髙地「はい!」
 
『どうですか?あ、もうラジオなんて結構慣れたもんですよね?』
 
髙地「いや、僕ラジオ初です」
 
『え?!』
 
髙地「初ラジオです!」
 
『初ラジオがレコメン?!』
 
髙地「ハイ!いや…とっても嬉しいですよ!こんなにもう呼んでいただいて」
 
『北斗くんは?』
 
北斗「僕二回目ですね」
 
『なるほど、じゃあもう今日はコレもう…お任せしますんで』
 
北斗「いやいやいや!!何を言ってるんですか!!」
 
『www”何を言ってるんですか”ってwww』
 
北斗「何を言ってるんですかw」
 
『いやでも嬉しいですよね〜あの、えー実はね、お二人はね”ストーンズ”というね「「はいそうです!」」ユニットで活躍されてるワケなんですけどね!”SixTONES(シックストーンズ)”と書いて”ストーンズ”ってね!』
 
髙地「そうなんすよね〜はしょる…」
 
『ねー』
 
髙地「初めての方はね、見ると”シックストーンズ”って多いんすよね!笑」
 
『まだまだなんですよね!まだまだなんですよ笑』
 
髙地「いやー」
 
ストーンズは知らねえなってことなんですけど』
 
髙地「そうなんすよね笑」
 
『コレ名前の由来は何なんすか?』
 
髙地「これはーもう、ジャニーさんが直々になんか考えてくれて、何かいきなりフラッと…”シックストーンズだよ”って言ってきて…「「シックストーンズ?」」ってなって俺らが…(てんてん)ってなった時に、そん時に後からなんか”シックストーンズだとなんかアレだなぁ”つって、一緒に、マネージャーさんとかと一緒に、その…ホワイトボードとかに書いてって、で、じゃあ”ixだけちっちゃくして、SixTONESにしようか〜”みたいな」
 
『なるほどね』
 
北斗「だからあのホントに、最初発表したときは僕ら”シックストーンズ”ってグループだったんすよ、元は。社長的にはまあやっぱ”君たちはバラバラだ”と。でも、グループ感あるからグループになるな…(言い直し)いいから、"6"ってことを出そう。6人違う何かがあるよ!って意味でのSixTONES(シックストーンズ)」
 
『なるほどそういうことなんすね』
 
北斗「で、一言で呼べるように”ストーンズ”にしようと」
 
『多分ホントはシックストーンズでいきたいと思ったんだけど、周りの反応があんまりにも良くなかったから、じゃあストーンズにしよう!とw』
 
北斗「ストーンズでいいじゃん!みたいなwww
そんな…そんななし崩し的な決め方ではないと思いますw」
 
髙地「結構略すじゃないですか今の若者って!"セクシーゾーン"とかも"セクゾ"とか…そういう略すのにもちゃんと適応できるように”ストーンズ”っていうシンプルに呼びやすいようにしようっていう」
 
『ああ、そういうことなんすね』
 
髙地「それが結構ジャニーさんのコンセプトなのかなっていう」
 
『わっかりました これで僕もうだいぶスッキリしましたよね』
 
北斗・髙地「あ、本当ですか!」
 
『ええ!』
 
『そしてあの、優吾くんは、なんと22歳でしょ?』
 
髙地「22歳ですね、グループの中では最年長としてやらせていただいています」
 
『北斗くんが、20歳』
 
北斗「20歳ですねー」
 
『で、僕が今日37なんで』
 
髙地「お」
 
『もう同年代の「え(髙地)」、いや、同年代の3人でw、今日お話し進めていきたいと思います』
 
北斗「いや、初対面でツッコミづらいっすよw」
 
一同「wwwwww」
 
北斗「なかなか初対面で”おっさんじゃねーか!”とか言えないっすよwww」
 
『いや、結局言ってるじゃないか!www』
 
北斗「ウハハっwww」
 
髙地「難しいっすよそこはw」
 
『仲良くやっていきましょうよwね?w』
 
北斗「いや〜お願いします」
 
髙地「ちょうど北斗の”北斗の拳”のあたりから結構ツッコミづらいなっていう感じはしましたけどねw」
 
『ごめんなさいw』
 
髙地「ジェネレーションギャップがあるんでw」
 
『いやもう嬉しくてね、もう今日空回りしたね、可愛いノリを見ていただければw盛ってますんでねw』
 
北斗・髙地「wwwwww」
 
髙地「楽しみですよ」
 
『あの37歳可愛いな、っていうことだけでも覚えてもらえれば』
 
北斗・髙地「wwwwww」
 
北斗「なるほどぉ」
 
『嬉しいなっていう…そして凄いよね!北斗くんはなんと!空手をやっていて』
 
北斗「はいそうですね、昔…」
 
『静岡県で2位になった』
 
髙地「おお〜」
 
北斗「県大会で2位になっ…てそうですね、県代表選手でしたね全国大会っていうんですか?」
 
『いやー県大会で2位なんてなかなかなれないですよ』
 
北斗「まぁ7年目で初めてでしたね…7年目?くらいで初めて」
 
『すごいよ』
 
髙地「うん」
 
『で、まあ空手は最近やってないっすか?』
 
北斗「もうやってないですねー」
 
『ねぇー僕はねーずっと中高大と柔道やってたんすよ』
 
北斗「あーそうなんすか!」
 
『そうなんすよ』
 
髙地「あーだからもう耳が餃子みたいな」
 
『餃子みたいなんつってねwさすがに醤油があったらつけちゃうかなみたいなw』
 
髙地「水餃子で食べたいですねw」
 
『wwwwww揚げ餃子だよ!www』
 
髙地「wwwwww」
 
北斗「いや全然www全然わかんないっすよwww」
 
『揚げてもないけどwww揚げてもないんだけどwww あ、そうなんすねだからそういう武道のね、愛する者同士でね』
 
北斗「ちょ…そうですねwんー…」
 
『ちなみに僕千葉県チャンピオンでしたけどね!』
 
北斗「あーそうなんですか!」
 
『ええ、そうなんですよ(ドヤ)』
 
髙地「わぁw」
 
『絶対自慢してやろうと思ってw』
 
一同「www」
 
髙地「武道…」
 
『この話するときに絶対自慢してやろうと思ってw』
 
北斗「どうなんですか?wゲストよりいいこと言っちゃうってなんかw」
 
『それがレコメン!
 
北斗「レコメンなんすねw」
 
髙地「あーw」
 
『セクシーゾーンもこの洗礼を受けて駆け上がってきたわけですよ』
 
北斗「聞きました!風磨が”のりは、喰おうと思ったら喰われるから”ってwww」
 
一同「wwwwww」
 
『そんなこと言ってんの?!』
 
北斗「言ってますよ冒頭から喰われちゃいましたもん俺!w」
 
『勘弁してよーw仲良く!今日のテーマは”仲良く”!』
 
髙地「仲良く!」
 
『わかりましたか』
 
北斗「はーい!お願いします!」
髙地「お願いします」
 
『よろしくお願いしたいと思います』
 
--------
続きは後日…