読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬く道標となれ

ほくほくすとーんず

Welcome to SixTONES zone②

2016.12.3 編集

2017.3.18 再編集

 

前記事の続きです。

前記事↓

 

rainseana.hatenablog.com

 


 
今回は田中樹森本慎太郎髙地優吾についてです。
年齢は数え年です。
 
 
田中樹(1995.6.15千葉生/22歳/2008.4.20入所/175(176)㎝/B型)
 
SixTONESラッパー
・メンバーカラーは
・じゅったん
・兄は元KAT-TUN現INKTの田中聖くん
・田中家5兄弟の4男坊
・長男と5男以外は芸能界で活躍中
・尊敬する先輩はTOKIO長瀬智也くん山下智久くん。
 
・中学生になったばかりの頃、母親に勝手に履歴書を送られたのが入所のきっかけ
・兄が当時ジャニーズにいたのもあってオーディションを受けていないと思われていることもあるが、オーディション組である
 
・兄弟が多いので、週に1〜2回は朝ごはんがホットプレートの上で作られたツタンカー麺(御察しの通り「ツタンカーメン」と「麺」をかけている)という名の焼きそばらしい
・友達が遊びに来た日もそう(Love-tune安井謙太郎談)
 
・「オレかっこいいわ〜〜」が口癖で、見た目もイケイケチャラウェイ系のカメラ大好きマン
・しかし、根はとても真面目で面倒見がいい
髙地「樹は(少年たち2015の)33公演、毎回、本番前に欠かさず滑舌の練習してたよね」*1
・いかにも間っ子!な立ち振る舞い
 
・お母さんのことをママと呼ぶ
・20歳になる直前に「ママは卒業します!20歳からはおふくろって呼ぶ!」なんて宣言してたけど、結局卒業出来ていない
・可愛いからそのままでいいよ(笑)
 
・2016年の夏はいがれおこと五十嵐れおくんにハマっていた
 
・歌声はシュガーボイスなんて言われたりする甘い声
・低音がよく出る
・ラップに重きを置いているため彼の歌声を聞ける機会はあまり多くないが、最近であれば『運命girl*2SixTONESのオリジナル曲『この星のHIKARI』で聞くことができる。 
・あと、風磨ソロコンでは菊池風磨とともに嵐の『All or Nothing Ver.1.02』を披露したが、その時のメロソロがとても良かったので、円盤化された際は是非チェックしていただきたい→2017.1.25発売済み。詳細:Sexy Zone Official Site|ディスコグラフィー
 
・ラッパーとしてJr.界ではトップクラスの実力を誇る
・個人的にオススメしたいのは『Hell,NoKAT-TUN)』と『太陽のあたる場所(V6)』
・あとオリ曲の『BE CRAZYSixTONES*3』、『SixTONES DANCE INSTSixTONES*4』、『IN THE STORMSixTONES*5』のラップもオススメ
・たまに自作ラップも披露しており、最近だと『Peak』*6で披露
言葉の魔法使い(by北斗
・宣伝や挨拶が上手い
・言うべきことを簡潔にまとめる能力が高い
 
・ギターを演奏できる
・メンカラでもある青(というよりは淡い水色だったけど)のギターがお気に入り?
・ちなみにこの青ギター、京本と色違い(京本もメンカラの(淡い)ピンクのギターを持っている)
・2016クリエでは2人でそのメンカラギターを弾きながらデュエットした
・双子っていうかキキララみたいでした
SixTONESバンドではギター担当
 
・ダンスはここ最近かなり上達したようにみえる
・元々リズム感が良いうえに、おそらく『岩ザップ(Snow Man岩本照大先生による身体作り講座)』を受講したことにより体幹が鍛えられ、身体の芯が安定してきたから
・岩ザップ効果絶大、SUGOI
・岩ザップ効果もあってなのか、最近バク転も習得した
 
f:id:rainseana:20160519020643j:image
・首が長い
北斗「アルパカみたい」
・そして色黒
f:id:rainseana:20161027014549j:image
・高校時代のあだ名は「キリン」*7
 
・強火岩橋玄樹(Prince)担
・2015年下半期くらいからとにかく岩橋にデレデレ
・だんだん岩橋もそのデレデレアタックを受け入れ始めてる模様
・どうやら岩橋といい京本といい見た目が女の子っぽくて可愛い子が好きらしい
 
 ・ジャニーズWEST桐山照史くん半同棲してるらしい*8
 
NHKRの法則」R'sOB
 
・とにかくよく喋る
・割と周りを見てバランスを取れるタイプでもあるので、バラエティではMCを担うことも
SixTONESのMCは、表で話を回すのが樹、その裏でサポートするのが北斗、自称「爆モテDKコンビ」が主に仕切る
・喋り好き過ぎて暴走するMC樹が北斗に止められてるのは結構よく見る状況だったり
・ツッコミもするが、基本ボケたい
 
・私服はとにかくチェックのネルシャツが多い
・ファンも周知のチェッカーこと田中樹
 
 
 
森本慎太郎(1997.7.15石川生神奈川育/20歳/2006.10入所/174㎝/A型)
 
SixTONESの末っ子に見えない末っ子
・メンバーカラーは
・慎ちゃん
ダンス&アクロバット隊長
・尊敬する先輩はSMAP木村拓哉くんタッキー&翼滝沢秀明くん
・2つ上の兄と高校生の妹がいる
・お母さんのことは「ママ」と呼ぶ*9
 
・小3の頃、とあるジャニーズのコンサート帰りに家族と外食していたところ、偶然通りかかった社長に「(当時既にJr.として活動していた兄)龍太郎の弟だよね?タッキーのソロコンに来ちゃいなよ」と声をかけられたのが入所のきっかけだったらしい
・このとき、龍太郎と間違えられた説もある
スカウトのため、オーディションを受けていない
 
・体操部で鍛え上げたその肉体は素晴らしいものだが、同世代Jr.からは「ゴリ」といじられることもしばしば
・特に樹がよくいじってる。
「おい、ゴリ!」慎太郎「誰がゴリラじゃ!笑」
・そんなゴリこと慎太郎くん、ショタ時代は大天使だった↓
f:id:rainseana:20160516230109j:image
(画像中央が森本慎太郎(小6)。その左には松村北斗(中2)、右には髙地優吾(高1)、慎太郎と高地の間に見えるのが京本大我(中3)。全て当時の年齢。2009夏のMステより。)
・その成長っぷりには誰もが驚いたが、とにかくこの天使が見事なイケメンに育った
・田中樹の欄で先述した岩ザップ効果でダイエットにも成功し、現在進行形でさらにイケ化中
f:id:rainseana:20160517010032j:image
 
・メンバー愛がとにかく強い
・彼からはSixTONESに対するLOVEをも超える熱い思いが伝わってくる
メンバーともっと一緒にいたいからと「メンバーの答えがバラバラになるまで帰れません」ゲームをやっているにもかかわらず、敢えて答えを被せてみたりして早く帰りたい他メンにブーブー言われた*10
・ちなみにSixTONESのときの慎太郎はずーっとしゃべって、動いているらしい(髙地談)*11
 
・最近はMr.KING平野紫耀やPrince岩橋玄樹神宮寺勇太とよくプライベートで遊んでいる
実は平野と岩橋が歳上で、神宮寺とは同い年
・時空歪みすぎ
SixTONESで唯一、現時点でまだ未成年な慎ちゃん(2017.7.15に20歳に)
 
・歌はショタ時代はよく聞くことができたが、最近は残念ながらソロで聞ける機会は少ない
・しかし幼い頃から人前で歌い続けてきただけあって安定感抜群
・メンバーの中で低音で1番声量出せるのは彼かもしれない
・オススメは『IN THE STORM(SixTONES)』のCメロ
・ワンフレーズしかないが、慎太郎の歌声の良さがよくわかるソロパートだと思う
 
・ダンスはSixTONESイチの実力とメンバーにも評価されている
・リズム感が良く、キレもいいガツガツ系だが、要所要所の四肢の動かし方はしなやかで美しい
 
・ドラムやカホンを演奏することもある
SixTONESバンドの打楽器担当
・力強くもあり繊細でもある彼の演奏は、これからももっと伸びそうなので期待
 
・アクロバットは体操部時代の経験を活かして、様々な技を高クオリティでキメる
・一番の大技は台宙で、高さ2mはあるだろうステージからでも華麗にくるっと飛び降りる
 
・足がめちゃくちゃ速い、本当に速い*12
・ジャニーズ大運動会2017・50メートル走で6.67秒を記録。全体の7位
 
・小2のときに空手で全国4位*13
・蹴り技が得意だった
 
・末っ子ゆえのいじられキャラ
・本人もいじられてる方が楽しそう
・いつもニコニコしている
・カワイイ
 
・ここ2年ほど、Snow ManとSixTONES合同クリスマスプレゼント交換会を企画・主催している
慎太郎「今からくじ引く順番を決めるくじを引きます!!」
・2年連続で慎太郎の司会進行がグダグダだったらしい(笑)(Snow Man阿部亮平談)
・阿部ちゃんも皆もそんなグダグダも楽しんだようで、みんなに愛されるすのすと末っ子慎ちゃん♡
 
 
 
髙地優吾(1994.3.8神奈川生/23歳/2009.6入所/175㎝/A型)
 
SixTONESの癒し系最年長
・メンバーカラーは
・陽だまりのおじいちゃん
・彼のくしゃっとした笑顔はみんなに幸せを与えてくれる
・しあわせの黄色いハンカチならぬしあわせの黄色い優吾(?)
 
・尊敬する先輩は嵐相葉雅紀くんKAT-TUN亀梨和也くん
・相葉くんのような笑顔の絶えない自然体アイドルを目指している
 
・入所のきっかけは日テレ「スクール革命!」の新人(新入生)オーディションに友人がいつの間にか応募していたこと
・視聴者投票なども含む複数回の選考を経て、見事1300人を超える応募者の頂点に立ち、新レギュラーの座を勝ち取った
・この新入生オーディションはジャニーズJr.のオーディションも兼ねており、数人のオーディション通過者と共に、レギュラー獲得直前にKAT-TUNのコンサートで初ステージを踏んだ
・同期はTravis Japan吉澤閑也
 
・「髙地はねぇ、早くも老いが来てるんですよ」と北斗に言われてしまうくらい、とにかくおじいちゃん(笑)
・よく足を攣ってしまうらしい…
 
・温泉が好きで彼女とのデートも温泉希望
・お湯と会話をするのが趣味
・彼によると、お湯と会話すると身体に良い効能があるらしいよ*14
 
・くしゃっとした笑顔が印象的
・「僕の武器は笑顔
・実際、2016春にバックについたWelcome to Sexy Zone tourにて、ハピネス溢れる笑顔でオタクを堕としていた
 
・ダンスは正直ニガテ
・気持ち的には犬猿の仲くらいの距離がある
・振付師さんと言い合ったとかいうエピソードもある
・横浜生まれのハマっ子なので、その頃「ハマの番長怖い」なんて言われていたとか
・しかし、SixTONESを結成したことによって明らかに彼のダンスに対する気持ちが変わったように見える
・素人目で見ても上手くなってきており、特にパフォーマンス中の表情の付け方は結成当初より飛躍的に上手くなっている
 
最近バク転やスタン宙を習得した
・舞台でバク転を披露した時一度頭から床に突き刺さったが、無傷でどこも痛くなかったらしい
・散々おじいちゃんと言ってきたが、肉体はまだまだ若者です、ご安心を(笑)
・ちなみにバク転は、Jr.の前田航気くんとともにSnow Man佐久間大介くんから教わったそう
・少クラのSixTONESパフォーマンスで彼のバク転とスタン宙を見ることができます(2017.1.11放送)
 
・歌はあまりソロで披露したことはない…が、実は結構歌える。
・『IN THE STORM(SixTONES)』のCメロで慎太郎に続いてソロパートがあり、そこで歌声をしっかり聞くことができるが、ちょっとハスキーで男らしい歌声だと思う(主観)
・クリエ2015では初めてソロとして二宮和也くんの『虹』を披露し、その場にいたオタクたちを驚かせた
・ちなみにこの時はジェシーに「ソロで歌えよ」と後押しされて勇気を振り絞って披露したとか
・だってその4ヶ月前のガムシャラJ'sparty Vol.7ではソロコーナーで漫談披露してたもんね(笑)
・そう、彼はソロコーナーで漫談やっちゃう系アイドルなんですよ。新しい!
 
SixTONESバンドではベース担当
・私の記憶が正しければ指弾き派(間違ってたらすみません)
・決して目立つパートでは無いけど、いないと困る!そんなところが髙地本人と通ずるところがあるかな、と
・管理人がベーシストなので、勝手ながらベーシスト仲間の彼の今後に大きな期待を寄せています(私情)
 
・演技よりはバラエティ派な彼
日テレ『スクール革命』にレギュラーで出演している
・大学も卒業してしまったが、まだまだ衣装のブレザーは似合っている
 
時代劇への出演経験アリ*15
・バラエティ派だとか言っているが、演技上手です
 
綺麗な富士額の持ち主
f:id:rainseana:20160517171351j:image
(左から2番目が髙地優吾)
北斗富士(額)という)縁起がいいものを、常に人間の1番高いところに置いているというのは羨ましい*16
静岡県出身の北斗的には富士が頭にあるのが羨ましいらしい(笑)
滝チャンネルで公式に「髙地優吾のチャームポイント」として認定された
・本人的には前髪をおろそうとしてもなかなか上手くいかないので、その点ではあまり好きではないらしい
 
SixTONES内のお料理男子②
・得意料理はオムライス
・卵にこだわりアリ
 
・趣味特技はサッカー、フットサル
・友人とチーム組んで大会に出たりもしている
・2015年には髙地が所属するフットサルチームは関東大会ベスト16までいったらしい*17
・髙地の友人たち、通称ゆごフレが度々SixTONESの現場に出没する
・とても素敵な御友人たちで、髙地自身の人柄の良さもそこからわかる
 
・お兄さんは美容師
・よく髪を切ったり染めたりしてもらっている
・お母さんのことは「ママ」と呼ぶ*18
 
 
 
  
 
長くなってしまいましたが、以上です。
今後もちょいちょい編集するつもりです。何か指摘や「これも入れて!」という要望等ありましたらご連絡ください。
 
ありがとうございました!
 
 
 

*1:ダンススクエアvol.10

*2:少クラ2015.1放送

*3:少クラ2015.10.7放送済

*4:少クラ2016.7.13放送済

*5:少クラ2016.10.5放送済

*6:少クラ2016.5.4放送済

*7:Myojo2016.3

*8:CBCラジオ・ナガオカスクランブルにて。永岡さんに「田中樹くんのことは大体桐山くんに聞いた」と言われるくらいには絡みがあとか

*9:WINK UP 2016.6

*10:滝チャンネル2015.9

*11:Wink Up2015.9

*12:一番わかりやすくその速さを見られるのが2014.11放送の「ガムシャラ!カメラ目線運動会」だと思うので、気になる方は探してみて!後編のラスト競技、色別対抗リレーで見ることができます

*13:Myojo2016.5

*14:2016.4.20レコメンジャニーズJr.名鑑

*15:新春ワイド時代劇影武者徳川家康」(テレビ東京、2014年1月2日)豊臣秀頼

*16:週間ザテレビジョン 2015No.43

*17:Myojo2016.5

*18:WINK UP 2016.6