読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瞬く道標となれ

ほくほくすとーんず

ゆごほくレコメン!2016.4.20(文字起こし)②

前記事の続きです
 
---------
 

『んでね!ジャニーズファンの皆さんにとってはね、もう大人気のお二人なんですが』

 
北斗「いやいやいや…」
 
『コレ男性リスナーをはじめ、まだまだね、ご存じない方もいらっしゃると思うんですよ」
 
北斗「はぁい」
髙地「もちろん。もちろんですよ、ね」
 
『それでこれから一週間はね、”レコメン!ジャニーズJr.スター名鑑最新号"と題しまして、このリスナーの皆さんに送ってもらった質問で、特に多かった質問の中から、定番の質問だけど、答えが変わっていくような質問をしていきたいと思います』
 
髙地「ほぉ」
 
『で、これアレじゃないですかね、あのほら、出身地とか血液型とかはもう変わらないけども』
 
北斗「あーー」
髙地「変わらないっすね」
 
『最近ハマってるものとかね』
 
北斗・髙地「あーーーー」
 
『そういったものっていつも変わっていくでしょ』
 
髙地「確かに、毎年変わったりしますもんね」
 
『それの、もう最新版!』
 
髙地「おお!」
北斗「最新版!」
 
『ホヤホヤのやつ!』
 
北斗「ホヤホヤ?!」
 
『触ったらまだちょっとあったかいぞみたいなやつを!』
 
北斗「何を言ってるんですか(バッサリ)」
 
『wwwイメージよ!wwwイメージ!』
 
北斗「イメージね!w」
髙地「生まれたてのねwそういうもう…」
 
『そうそうそうw生まれたての?』
 
髙地「…いやもうやめますwお返ししますw」
 
一同「wwwwww」
 
『自分が助けてもらったのに急に人をね?w裏切るっていうねwww』
 
髙地「いやぁ危なかった今w 俺もう…」
 
『洗礼ですからねw』
 
北斗「グーっていうか潰しにかかってますよね半分w」
 
『愛してるんだって!愛してるからこそのやつよ』
 
髙地「いやー」
北斗「なるほど…」
 
『ね?』
 
北斗「それ言われちゃったらもうw」
 
『北斗くん結構冷静だね』
 
北斗「そうですか?」
 
『うん』
 
髙地「そうですね、グループの中でも冷静にツッコんでたり」
 
『冷静ですね』
 
北斗「(照笑)」
 
『いいですよ非常にwヒヤヒヤしますよねw』
 
北斗「んはは!」
 
『さあ!というわけでございましてね!あのー
皆さんがね、だから、いつも雑誌とかで聞かれてるじゃない?で、毎回ね、質問聞かれてて、変わることが多いんだけども、ここで、もう一番最新のものをあててもらうっていう!ホントに今思ってるもの!その代わり、明日変わってても文句言いません!』
 
髙地「あーー」
北斗「あーそう、いいんですか?」
髙地「ホントにレコメン限定でも良いってことですよね!最新版ってことは」
 
『あ!そういうの!あーわかってるね!』
 
髙地「ありがとうございますっ!」
 
『ありがたい』
 
一同「www」
 
『だからはっちゃけちゃったこと言ってもらっちゃっても!構わない』
 
髙地「あーー!良い現場です」
北斗「あーなるほどなるほど」
 
『ね、”あの頃は若かった”でごまかしましょうよwww』
 
北斗「なるほどwww」
 
一同「wwwwww」
 
髙地「もう昨日は過去ですからね!」
 
『そう!いいね気が合いそうだね!』
 
髙地「はーい楽しく…だって風磨と友達ですもん」
 
『ね~そこが心配だよねw』
 
髙地「いや~笑」
 
『もう風磨軍団の下っ端でね、頑張っていくんでいつか一緒にね!桃鉄とかしましょうよね!w」
 
北斗「www」
髙地「やりましょうw」
 
『さぁということでね、このあとはですね、優吾くんと北斗くんに質問をぶつけていきたいと思います!一旦CMです』
 
ーーーーーーー
 
区切りがいいのでここで切ります
続きは次記事で